メインイメージ画像

貸し事務所をはじめて選ぶなら

img

貸し事務所をはじめて選ぶなら、その目的を軸にして探すやり方が良いでしょう。会社の目的別に、高機能のネット回線が必要だったり、デザイナーズ賃貸にあるようなおしゃれな空間が好ましかったり、SOHO事業のため賃料の安さが第一だったりと必要なコンディションが異なりますね。このように目的をクリアにして物件探しを始めれば多数の数の賃貸事務所から首尾よく選ぶことができるのです。事務所の系統を絞ったら、所在地や賃料など詳細な条件で段階的に絞り込みをかけると良いでしょう。

事務所の良い所は、内装を自由自在に変えられるという所です。工事費用はそれなりに掛かりますが、事業のコンセプトやスタッフの業務スタイルに最適な内装レイアウトを設計することができるわけです。費用面で厳しい場合、居抜き事務所で手を加えずに使えそうな内装の事務所を選んだら、内装工事無しに事務所として使えるのです。この場合だと高額費用の工事が省略できるので、大きなコストダウンになります。その他のやり方として、月額費用は割高ですが、スポットでの使用ならレンタルスペースで乗り切る方法でも手軽でおすすめです。

事務所を探す時に軽視しがちなのが、セキュリティについてです。事業所であれば休日など無人になる日時が第三者にも分かるため、事務所荒らしに遭いやすい傾向があるからです。それに、これから大切なクライアントの情報や有価証券など大切なものが保管されるわけですから、万一のことがあった場合、会社の名前に関わる問題で、会社復旧のための経済的なダメージも深刻なものになるでしょう。絶対に信頼出来るセキュリティの設置されたビルか、または自分たちで導入しても良いかを確認しておくことです。

事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。

更新情報